手続きの流れ


交通事故によって後遺障害が発生してしまった場合には、手続きをすることによって、保証を受けられることがあります。まず、交通事故の発生についてですが、これについては、人身事故として処理されることが重要になってきます。人身事故として処理されていなければ、後々に不利になってしまう可能性がありますので、これについては頭にいれておきたいところではないでしょうか。後遺障害が発生したのならば、何らかの治療や通院をしている可能性が大きいので、その際の記録をしっかりと残しておくことも重要になってきます。このような証拠が後々、有用となってくることがありますので、これも忘れないことが大切です。

次に後遺障害で難しいのが、症状固定についてなのですが、これについては信頼のできる主治医にしっかりと判断してもらう必用があります。そして、慎重に症状固定について対応した結果、後遺障害の等級認定となるわけですが、後遺障害についてはこのような一連の流れとなっております。このように事故発生から申請までに時間があるのが、このようなケースで難しいところなので、最初からじっくりと腰を据えて対応していくつもりがなければ、いけないでしょう。